2017年02月01日

PJ HARVEY @ Bunkamura オーチャードホール

IMG_8748.JPG

オーチャードホールで念願のPJハーヴェイを観た。
思い返すと、高校生の頃にジャケットに惹かれて聴いた『Rid od Me』
女か男かもわからない、不思議なアーティスト名。
今聴いても攻めてるなーと思うアルバム。

今回は単独公演としては22年振りだそうだ。
12500円のチケット代金に対し、発売前からネット上では高すぎるという声が挙がったが、
今日の公演を観ればそう感じないと思う。
単純に総勢10人+関係者の渡航費を考えれば妥当ではないか。

この編成で日本へ来てくれた彼女に敬意を。
金額だけを理由に行くのを渋った人はもったないなかったと思う…!

フルバンドの厚みを活かした重低音がまず良かった。
ドラムセットではなく、パーカッショニストが二人で
コンサートバスドラムやスネアを演奏することにより、
ドラマー一人では出せない独特のグルーヴが生まれる。

ユニゾンコーラスの厚みもすごかったし、
管楽器のギリギリの不協和音はかなり緊張感があった。

PJハーヴェイのヴォーカルは、『Rid of me』しかまともに聴いていなくて
他作品は予習不足の私(反省。。)にとっては正直物足りない部分があったのだが、
エモーショナルな表現を楽しんだ。

舞台装置や照明はシンプルでありながらも印象的な演出でそれも良かったな〜

MCはメンバー紹介とそのあとの「thank you」、
アンコールのときに「ありがとう」一言ずつだけ。

また、クラシックコンサートという訳でもないのに
客入れ・客出しのBGMは全くなく無音だったことにより、
オーチャードホールの空気が確実に
異空間・非日常の世界であることが際立ったようにも感じた。

今度はフェスで来日してくれないかなー。
オーチャードに合ってたとも思うけどね。
posted by 小松原沙織 at 01:41| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

登山正文・橋村恭平・広島綾子スリーマン

主に京都で以前からとてもお世話になっている登山正文さん
京都で夜中に一度だけ(登山さんと3人で)飲んだことがあった橋村恭平くん
初めましての広島綾子さん、のスリーマンを観に行ってきた。

登山正文さんは「私の思い出」っていう、
最新作が京都のタワレコの週間売り上げ一位を記録してる人気のあるバンドをやっていて
(こないだ私も出演した京都西院フェスで、久々にちょっとだけ観れた)
(人気の理由はライヴ観ればわかる)

まぁ一言でいうとサイコー!なバンドなんだけど、
弾き語りもサイコー!なのです。やーほんと良かったなぁ

シンガーソングライターとしての弾き語り自演は、
その人のパーソナリティーが見えれば見えるほど良い。と私は思っているんだけど、
改めてそう感じさせられたね

あと、彼みたいな歌詞を歌っているライヴを観ると男が羨ましくなることがたまにある。
最近ツイッターでミュージシャン仲間の小田朋美さんが「女は滑稽になりきれない」って書いてて
思わずリプライを飛ばしたのだが、まさしくその通り。だと私も思っていた。

私には「貧乳のブルース」という事実上の代表曲があるが、
”貧乳”というキーワードは恐らくぎりぎりの許容範囲内で、
自分が男だったらもっと際どいキーワードを扱った曲だって歌いたいと思うこともある。
いや、歌うかも知れないけどさ。

女性性だって意識はしているんだ。
同じことを男が歌うか、女が歌うかによって聴き手の感じ方は変わるからね


話が脱線したけど、登山さんの写真!
IMG_0661.jpg

IMG_0656.jpg

IMG_0642.jpg

橋村恭平くん、ソロ活動のキャリアがほぼ一緒だと知って親近感!
なか卯って曲が良かった。高知出身なので、高知に連れてってくれ!という話で盛り上がった。
IMG_0545.jpg

IMG_0597.jpg

広島綾子さん、めっちゃ良い声…
そして技術的にも、説得力のある歌声ってほんとに素晴らしい
IMG_0600.jpg

IMG_0615.jpg

池袋ポルカドッツ、前から気になってたけど初めて行った。
すごく良い雰囲気が良いのでライヴしたいなぁと思ったけど、
アップライトで客席に背を向けて歌うスタイルになってしまう。
やるとしたら楽器持ち込みかな。

さて新しいカメラ、まだあまり使ってなくて慣れない。
でもすごく良い!機能も性能もグッド。
5年前に買ったNikonのエントリー機とは雲泥の差…
(中級機を買っちゃった!)

高い金出したし(ミュージシャン仲間にびっくりされる金額)元をとらなくてはね!
盗まれない&落とさないようにまじで気をつけます。
続きを読む
posted by 小松原沙織 at 02:36| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

J-WAVE presents 上原ひろみ「SPARK」PREMIUM LIVE

2016/2/3 @ 銀座YAMAHA 6階コンサートサロン
J-WAVE presents 上原ひろみ「SPARK」PREMIUM LIVE

確実に今年の運気を使い果たしたと思わざるを得なかったスーパーレアライヴ。
キャパ70名のヤマハの小さなコンサートサロンにJ-WAVEのリスナー50名をご招待というもの。
新譜のプロモーションだった。

たまたま前月に聴いていた番組で観覧募集していて
直感で「当たりそうだなぁ」と思ってウェブ応募したら本当に当たった。
同じ頃、同じJ-WAVEの他の番組でもビール1ケース当たった。
私はたまに「当たりそう」と思って本当に当てる事が度々ある。

幼い頃はもっとクジ運が強くて家族から宝クジを買いに行かされたり、
母親は私の名前を使って懸賞はがきを出していた。
(懸賞は実際に結構当たっていた)

最近クジ運落ちたなぁと思っていたところだった。
当日クリス・ペプラー氏のMCが入って知ったんだけど、
50席に対して2500通の応募があったらしいよ。

正直、上原ひろみさんの演奏は「聴かず嫌い」なところが今まであって、聴くのが怖かった。
強烈な嫉妬心に襲われると思っていたから。

でもそれを受け入れたいと思って観てみたいなぁと思ったのがここ2年くらい。
でもチケットは即完売してしまうのでなかなか実現出来ずにいて…。

いやーこんな間近で観れたなんて、自慢でしかないよね…
ステージの段差もないから、息遣いや振動がダイレクトに伝わる。
私はアグレッシヴなスタイルの演奏を期待していて、
もちろんそれも素晴らしかったんだけどもバラードの美しさに感動‥

ダイナミクス、緩急、細かいニュアンス、視覚的な魅せ方。
全てが完璧過ぎて。

そして何より、
ピアノって本来こうあるべきだよなぁと改めて感じずにはいられなかった。
3曲だけの演奏で物足りなくはあったけど、それでも放心状態というか。

ちなみにこの日を境に練習時間が増えたのは言うまでもない笑
練習しないとうまくならない、と当たり前なんだけど、当たり前なんだけど思った。
ある意味スポーツを連想させる、手・腕・体の使い方。
今までの人生で一番直接刺激的な演奏だった。
IMG_5445.JPG


私の席から撮った写真。めっちゃ近い
IMG_5444.JPG
posted by 小松原沙織 at 00:00| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

生き仏 @ 吉祥寺 曼荼羅

京都のユニット「生き仏」のライヴを観に行って来た。
結果から言うと、最高に面白くて素晴らしい、完成度の高いライヴだった。
ほんと行って良かった!ライヴであんなに笑ったの久々!
30分の持ち時間のうち、たった3曲のセットリスト。半分はお芝居。
非常に濃密な時間でした。今度は長尺で聴きたいな〜。凄まじい。
1459838_736901376324853_522264893_n.jpg

1464701_736902506324740_267368701_n.jpg

996644_736902022991455_547641488_n.jpg

1382170_736901969658127_1128060016_n.jpg

1450156_736902236324767_1904760043_n.jpg

そもそも私と彼らの出会いは今年のはじめだったと思うが、
平井ミエの家に泊まりに行った際に自然とYouTube鑑賞会になり
「前に京都で対バンしたユニットが面白いんだけどさぁ」と見せてくれたのがこれだ。


5月に京都へツアーで行ったとき、
生き仏のgt&choエンペラーめだかさんがライヴに来てくれて話したりはしてたんだけど、
実際に生の生き仏ライヴ(HPには歌謡ショーと表記w)は初だった。
やっぱ生で観れて良かったな!今度は自分の企画ライヴに呼びたい!
posted by 小松原沙織 at 13:35| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ムラタトモヒロ カバーワンマン『模倣犯』

昨日はノマドにムラタトモヒロ氏のワンマンライヴ観に行ってきた!
「月刊ノマド」のメンバー同士でもあるムラタさんは、
6月に彼主催のスリーマンライヴで共演させていただいた以来。

そう、ムラタ氏は月刊ノマド出演に併せて毎月
「月刊ムラタトモヒロ」っていう企画ライヴを開催しているのだ。
昨日は5回目だった。なんと月刊ノマドファイナルまで毎月やるんだとか。
3ヶ月連続企画でも割といっぱいいっぱいな私からすると、すごい…のひとことである。

今回はワンマンといってもただのワンマンじゃなくて、
ムラタ氏がライヴ活動をしてきた中で出会ったアーティストの曲だけをカバーする!というもの。
出来る人は決して多くはないと思う。
それに加え、月刊ノマドの新曲1曲と、アンコールで自身の曲を2つ。

結果から言うと、行って良かったって思える本当に良いライヴだった。
ただ単に世間一般的に有名な曲…ではなくて
彼が心から好きなアーティストの曲を1曲ずつカバーしていってったんだけど
各アーティストと出会ったエピソードを交えつつ、大事に歌っているのが伝わってきて。
アレンジや歌い回しはそれでいてムラタトモヒロですよ。素晴らしい。

私の曲もカバーしてくれたんだけど、前に「重力に逆らえ」のリフを遊びで弾いていたから
重力やってくれるのかな?と思ったら貧乳のブルースでした!!
マリーナショウの「Street Walking' Woman」的な緩急が激しいアレンジで、
それはそれはもうね、しびれたよ!ほんと嬉しかったです。

私ねームラタさんの「赤い靴」って曲がすごい好きで。
ライヴであんま泣かないほうだけれども泣かされた!
YouTubeにもアップされてるけど、是非ライヴで生で聴いてほしいです


そして。この日解禁されたフライヤーがこちら。
新妻のマリエちゃん、表情がサイコーっすw
5f103b1a0b2d11e39a8222000a1f8ccf_7.jpg

“新婚旅行代獲得演奏会” という名目のムラタトモヒロワンマンだそうで笑
photo.jpg

お客さんが全然来なかったら、近場になっちゃう!だって笑

で、ライヴのあとは遊びに来てたアーティストさんとノマドスタッフさんたちと打上げ。
やー楽しかったなぁ。そして私は明日からツアーなのです!

iPhoneを充電するモバイルバッテリーも買ったし!
(Twitterで散々呟いたけど、、機種変したが、結果後悔!)
a9701e020b2b11e3acce22000a9f15d8_7.jpg

特典CDも増刷したし(新しいプリンタはディスクに直接印刷出来るのだ!)
a37f42520b3011e38c0f22000ae80389_7.jpg

荷作り(10日間の衣類考えるのって地味に時間がかかる)もほぼ終わったし!
これからちょっくらコンビニ行って、まだ終わってない作業やって明日は7時に起きる!!
結局ツアー前はいつもバタバタです。

あちらの皆様、是非会いに来てくださいませ。まずは名古屋!

■8/23〜25 名古屋 日本ど真ん中祭りで「夢道源人」での歌唱
■8/26(月)名古屋ハートランドスタジオ
■8/28(水)京都シルバーウィングス
■8/30(金)京都モダンタイムス
■8/31(土)大阪ソープオペラクラシックス
■9/1(日)大阪酔夏男

楽しむよ!
posted by 小松原沙織 at 23:43| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする