2016年12月04日

上原ひろみトリオ SPARK JAPAN TOUR 2016

東京国際フォーラム、ホールA。
CyvJ631UsAAXSpG.jpg

上原ひろみさんのライヴ念願叶って初めて観たのは今年の2月の事だ。

▽そのときのブログ
「J-WAVE presents 上原ひろみ「SPARK」PREMIUM LIVE」

70人キャパの小箱でソロを聴いて、今回は5000人キャパ(70倍…)でトリオ。
どんなパフォーマンスになるのかなーと、
まぁYouTubeとか噂でもちろん前情報はあるんだけど楽しみにしていた。

今回のジャパンツアー、先週まで全くノーマークだったんだけど
ベースのアンソニー・ジャクソンが療養のため、
代打でアドリアン・フェローが来ると偶然知り!!!!!

急いでチケットを確保した。
前から気になっていたチケットキャンプは予想より良いサービスだ。
ダフ屋みたいなのもたまにいるけど…

それはそうと、ずっと前から病気と闘っているアンソニーの体調は心配だ。
最後に観たのはジョン・トロペイのサポートでブルーノートに来たときかな。
もう6年くらい前か。
そのときもかなり体調が悪そうだった。回復を祈ってます。
アンソニーも大好きなベーシスト。

で、アドリアン・フェローなんだけど
1ヶ月くらい前にJ-WAVEでたまたま聴いたんだよね
61nv4NHZ1oL._SS500.jpg

良い意味でベーシストのリーダーアルバムとは思えないバランスの良い作品。
アドリアン、どうなっちゃってるのっていうくらい超絶のやっばいミュージシャンなんだけど
それ以上に音の良さ、メロディックなアプローチが素晴らしくて。
ひとりのベーシストにこんなに夢中になったの久しぶりだよ!!

とにかく曲が良い!
誰が書いてるんだろう、アドリアンなの?
クレジット見たさにCD書いたかったけど売ってない。
Apple Musicで聴けるのでみんな聴くべし

ちょっと調べたらラジオで聴いたきっかけの曲は、
ゲストにピアノがチック・コリア、ヴォーカルにはなんとマーカス・ミラーw

そういえばマーカスのソロ名義ライヴを10年程前に観に行ったなぁ。
主にドラムのプージー・ベル目当てで‥
結局個人的MVPは鍵盤のボビー・スパークスだったのよね。懐かしいわ。

と、前置きが長くなってしまったけど今回はそれだけアドリアン・フェロー目当てで観に行った訳!
なんだけど、結局上原ひろみさんの演奏が良すぎて本来の主な目的をほぼ忘れて観入ってしまった。
いやぁほんと、すごかった。

バンドに対して、そして会場の空気の圧倒的な支配力。

対照的に、ものすごく謙虚であどけなさすら感じさせるMCのギャップは私でもきゅんとしちゃうよねぇ…
話していた内容も印象的なものだった。

「やればやるほど楽しい」
「練習すればする程、出来ることが増えるというよりもまだ出来ないことがあるということに気づく」

急遽代打が決まったのにも関わらずアドリアンは暗譜していたし演奏はやっぱり凄まじかった。
サイモン・フィリップスと3人での一糸乱れぬアンサンブル、
個々の技術があってこそだとは思うんだけどどんな風にリハしているのだろう…

あ、ネタバレだけどマイクでドラム叩いて許されるのはサイモンだけだから、
良い子のみんなはマネしちゃだめだぞ!

posted by 小松原沙織 at 13:03| Comment(0) | ソロプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: