2017年02月28日

活動5周年

そういえば2月14日はソロ活動5周年の節目でした。
2012年の写真を見ていて気付いた事が。
ピアノを弾くときの椅子が低いセッティング!
(写真はNHK-FM出演時)

FullSizeRender.jpg

大学受験時代のピアノ講師の影響でずっと低く座っていたのですが
(もっと低く座りたい場合、椅子を切断するピアニストもいるそうです)
今はやや高めのセッティングに落ち着きました。
当時は常に一番低い高さにしていたが最早懐かしい…

こうして活動し続けているといろんな事がありますが、
たくさんの人に支えられているなぁと思います。
ひとりだけどひとりじゃない!
いつもありがとうございます。

さて絶賛制作期間中ですが来月は久々にライヴがあります。
ノマドとムラタトモヒロ企画によるレアな内容!
どうぞお楽しみに。

3/19(日)代官山 NOMAD 10周年企画 ファイナル
『ムラタトモヒロと10人の女たち。』
17:00 open | 17:30 start
前売¥3000 | 当日¥3300

氏家麻衣 / 大下沙織(from カエルバナシ) / 黒澤まどか / 小松原沙織
さわひろ子 / 新澤美佳(from スモークポーク)
菅井宏美(from ツヅリ・ヅクリ) / 菅田紗江 / 平井ミエ / 吉村かおり

ムラタトモヒロが各アーティストと3曲ずつ共演します。
@ムラタトモヒロがそれぞれのアーティストに一曲書き下ろし、共演。
Aそれぞれのアーティストの楽曲をムラタトモヒロと共演。
Bムラタトモヒロの楽曲をそれぞれのアーティストがカバー、共演。
※ソロではなく、ムラタ氏とのデュオ形態で3曲のみの出演です

▽ご予約は特設サイトより
https://infow50.wixsite.com/index
posted by 小松原沙織 at 08:50| Comment(0) | ソロプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

【訃報】Leon Ware

おととい、ZAPPで飲んでて知ったLeon Wareの訃報。
16996308_1678104212204560_7681769491243941755_n.jpg

彼のことを知らなくても、
Marvin Gayeの「I want you」や
Minnie Ripertonの「Inside my love」、
そしてDonny Hathawayの「I know it's you」
の作曲者といえばピンとくるでしょう。

余りにも悲しく、Inside Your Loveを聴きながらその場で泣きそうになってしまった。
(※タイトルが微妙に違うがInside my loveのセルフカバー)

8年前に一度だけライヴを観に行って、お話することも出来て良かった。
そのときのブログ(文章がちょっと若いな…)
http://rosecomutts.seesaa.net/article/181535032.html








posted by 小松原沙織 at 17:47| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

PJ HARVEY @ Bunkamura オーチャードホール

IMG_8748.JPG

オーチャードホールで念願のPJハーヴェイを観た。
思い返すと、高校生の頃にジャケットに惹かれて聴いた『Rid od Me』
女か男かもわからない、不思議なアーティスト名。
今聴いても攻めてるなーと思うアルバム。

今回は単独公演としては22年振りだそうだ。
12500円のチケット代金に対し、発売前からネット上では高すぎるという声が挙がったが、
今日の公演を観ればそう感じないと思う。
単純に総勢10人+関係者の渡航費を考えれば妥当ではないか。

この編成で日本へ来てくれた彼女に敬意を。
金額だけを理由に行くのを渋った人はもったないなかったと思う…!

フルバンドの厚みを活かした重低音がまず良かった。
ドラムセットではなく、パーカッショニストが二人で
コンサートバスドラムやスネアを演奏することにより、
ドラマー一人では出せない独特のグルーヴが生まれる。

ユニゾンコーラスの厚みもすごかったし、
管楽器のギリギリの不協和音はかなり緊張感があった。

PJハーヴェイのヴォーカルは、『Rid of me』しかまともに聴いていなくて
他作品は予習不足の私(反省。。)にとっては正直物足りない部分があったのだが、
エモーショナルな表現を楽しんだ。

舞台装置や照明はシンプルでありながらも印象的な演出でそれも良かったな〜

MCはメンバー紹介とそのあとの「thank you」、
アンコールのときに「ありがとう」一言ずつだけ。

また、クラシックコンサートという訳でもないのに
客入れ・客出しのBGMは全くなく無音だったことにより、
オーチャードホールの空気が確実に
異空間・非日常の世界であることが際立ったようにも感じた。

今度はフェスで来日してくれないかなー。
オーチャードに合ってたとも思うけどね。
posted by 小松原沙織 at 01:41| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする