2010年07月27日

『これも自分と認めざるをえない展』とマリーナ・ショウ

昨日。
ミッドタウンにある展示スペース『21_21 DESIGN SIGHT』にて佐藤雅彦ディレクション『これも自分と認めざるをえない展』を観た。
コンセプトは【属性】

20444_339945282_196large.jpg

月曜日の夕方という事で人はまばらだったが、結果的にかなりラッキーだった。
この展示は全ての作品が“閲覧者参加型”だ。
チケットを購入し、まず“4つのこと”をやらねばいけない、注文の多い展覧会(笑)である。
ひとつの作品に対し、一人しか体験出来ないという制限があるものが大半。
土日の混雑時に来たら、スムーズに鑑賞できなかっただろう。
1時間ほどで、ゆったり鑑賞できた。

11/3までやっている展示なのでネタバレも控えたいし、
何よりこういった展示は実際にその場で体験したほうが良いので詳細は割愛させていただきます。

コンセプトである【属性】に関して。
私というひとりの人間は、私にとっての私であり、
誰かにとっての私であり、どこかの場所にとって存在する私でもある。
虹彩や指紋、ふるまい等のさまざまな「人の属性」を最先端の技術やアイデアで切りとり、
改めて自分自身の【属性】を発見させられる。
そんな、新しい角度に焦点をあてた展示。
私は一人で鑑賞したのだけど、誰かと一緒に行ったほうが楽しかったな!
一人でくすっと笑ったりしてるのちょっと恥ずかしいし!笑

さて、そのあとは赤坂OPEN MICのホストギタリストの樋口さんと待ち合わせ、マリーナ・ショウを観にビルボード東京へ!

20444_305632747_1large.jpg

7/26(mon)2nd stage
Marlena Shaw
featuring Chuck Rainey(b) / David T. Walker(gt)
Harvey Mason(dr) / Larry Nash(pf,key)

写真は最高傑作と称されている、74年のアルバム『Who Is This Bitch Anyway』
このアルバムとほぼ同じメンバーでの来日公演。
昨年はチケットがどうしてもとれなかったけど、今年は樋口さんがチケットをとってくれた。(感謝!)
マリーナは現在64歳。ステージに上がるまでは杖をついていて足元もおぼつかない様子。
でもステージに上がったら元気な姿をみせてくれたので安心した。
ちょっと調子良くなさそうな場面もあったけどさすがの歌唱力で圧巻。
ギターのデヴィッド・T・ウォーカーはマリーナ以上の人気っぷり。
登場したときの歓声がすごくて(男性ファンのw)笑っちゃった。
まぁ気持ちはわかります。
そしてデヴィTのプレイはやっぱり素晴らしかった。
美しいクリーントーン、繊細なニュアンスのフレーズ。
特に「You Taught Me How To Speak In Love」の、あの一気に駆け上がるフレーズを生で聴けて感動…!
長尺のソロではじわじわと客席を湧かせました。
あと…デヴィTの立ち振る舞い、なんかかわいかった。
ラリー・ナッシュの鍵盤も良かった。キーボードはYAMAHA motifだった。
物販でラリーの持ち込み商品で自主制作のアルバム(1500円、やす!)が販売されていたのだけど
既に長い列ができていて終電も近いし、
wav形式で収録されており再生できない可能性もある、とか注意書きがあったので購入はしなかった。
サイン会もあったけど。やっぱセカンドステージだと時間がぎりぎりだ。

〜六本木番外編〜
21_21 DESIGN SIGHTの隣の芝生広場でちょうどやってた“水花火”
もくもくと水が炊かれてスモークの役目になってた。
親子連れが多くて子供が大はしゃぎ。雨も降ってたし、放水されまくりだし、ずぶ濡れだっただろーに笑
きれいでした。
image/2010-07-27T22:15:451

image/2010-07-27T22:15:452

ギロッポンでシースー
20444_339933908_91large.jpg

posted by 小松原沙織 at 22:28| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

赤坂OPEN MIC

おとといのことですが 私がホストを務めさせていただいている、
ORGANIC OPEN MICの姉妹セッション
赤坂OPEN MICに遊びに行ってきました。

DSCF1858.jpg

赤坂という街は何度行っても慣れないです(笑)
19日にORGANIC OPEN MICに遊びに来てくれたお客さんもいらしてました。
ヴォーカルko-chanさんが素敵な写真を撮ってくれました!!

私の手
3822680_302735750_62large.jpg

赤坂OPEN MICのホストキーボーディスト・しのさん

3822680_302736638_154large.jpg

3822680_302736635_89large.jpg

こんなにアクションがでかい鍵盤弾きってなかなかいないんだよなぁ笑
羨ましくすら思います
しのさんのオルガン大好き!

さて今日はこれからビルボードへマリーナ・ショウを観に行って来ます!
ハーヴィー・メイソンのドラム観るのは6年振りだ〜
ラベル:OPEN MIC
posted by 小松原沙織 at 16:57| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

今年の暑さはやっぱり異常だと思う。
私の自宅では基本的に冷暖房はつけない。
夏は扇風機、冬はコタツが常識。
木造の古い家なので風通しがよく、先週まではクーラーなんて一切つけずだったのだけど。
余りの暑さに、今は冷房フル稼働である…
そのせいか喉が痛くて困る。

さて、先日。
恩師である絵の先生の自宅兼アトリエへ久々に遊びに行った。

そう、私は小学生〜高校の頃まで絵を習っていたのだ。
最終学歴は音大だけど、高校は美術高校です。
(よく珍しいねとか言われる)
ちなみに恩師は同じ工芸高校出身で、私も工芸の金属工芸科に進路を決めた。


半年以上振りだったけど、やっぱり落ち着く空間。
うちの家よりも古いお宅、ここはクーラーなし!
着いたら、中学生の男子生徒3人がみんな上半身裸で絵を描いたりしていたのでびっくりした(笑)

一緒に行った画家の知人と縁側でのひととき
20444_299212374_99large.jpg

縁側の足元にあった蚊取線香
20444_290234104_119large.jpg

夕飯をご馳走になりました 氷で冷やした豆腐がおいしい
20444_290228237_115large.jpg

見上げるとこう
20444_290228235_231large.jpg
posted by 小松原沙織 at 16:01| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

7/19 音開きvol.1 大盛況にて無事終了!

遅くなりましたが、7/19海の日に
池袋の鈴ん小屋で開催された、『音開きvol.1 〜ORGANIC OPEN MIC初企画』
無事終了しました!14時〜21時までの長丁場セッション、
なんと40名以上の方がご来場くださり、とても盛り上がりました!
改めてありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

20444_259988070_97large.jpg

20444_260031176_117large.jpg

下北沢時代や、姉妹セッションである『赤坂OPEN MIC』の常連さんもいらっしゃいましたが、
mixiのコミュニティをご覧になっていらしたという方がたくさんご来場。
中には北海道在住でたまたま東京に来る用事があってセッションを探して来た、なんていう方まで。
予想以上の盛り上がりでとても嬉しかったです。
初対面同士のミュージシャンも仲良く話していたり、打上げにも多数ご参加いただきました!

ドタバタしていて行き届かないところもあったと思いますが、他のホストの皆さんやスタッフとして取り仕切ってくれた看板娘のミユキさん、
そしてお客さんのおかげで良い雰囲気のイベントになってよかったです。
本当にありがとうございました!

私は来月8/2、8/16もホストをやらせていただきます。
平日は先日とまた違う雰囲気で、もっとまったりしていて楽器もたくさん弾けるような感じです
是非遊びにいらしてください

キーボードのみさちゃんと。久々の再会!
私はこんな感じでネームカードを下げておりました
こうやって写真みると、私老けたね!
20444_259988121_74large.jpg

だまも一緒に!鍵盤三人衆!もうみんな4年の付き合いだったりする
20444_259988123_119large.jpg
posted by 小松原沙織 at 23:37| Comment(2) | ソロ以外の音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

ラジオ体操

ゆうべ帰って来て2時くらいに寝たのに、6時過ぎに目が覚めた。
今年になってからかな、寝不足でも早朝に目が覚めてしまう事が多い。
おばあちゃんみたいだわ…

んな訳で思い立って、近所の公園へラジオ体操行ってきた笑
一昨年に、卒制の徹夜明けで行ったとき以来かな?
夏休み初日だからか子供はほとんどいなくて年配の方ばかりでした
50人くらいいた。

20444_229878067_211large.jpg

帰りにコンビニであずきバー購入。ウマー

20444_229878068_194large.jpg

朝のラジオ体操って地元民同士のコミュニケーションでもあるよね
体操終わったあとに、散歩している犬を連れて話している人たちとか。
朝から体を動かすとなんだか清々しいな!

つう訳で、くどいけど今日は7時間ぶち抜きセッションよ!
既に知人や友人が来てくれると知らせを聞いて、今から楽しみです。

ORGANIC OPEN MIC るんるん音開きvol.1 〜ORGANIC OPEN MIC初企画〜るんるん
http://yukisession.blog120.fc2.com/
ホストやらせていただきます!

TIME:14:00〜21:00 以降打上☆
会場は池袋東口の鈴ん小屋 http://www.ringoya.org/
有機野菜のおいしいお料理あり!
CHARGE:2,000yen 

HOST:広原航(Ds)http://ameblo.jp/hwatarudrums/
草野嘉徳(Ba)http://www.musique.way-nifty.com/yoshi/
石川怜(Gt)
小松原沙織(Key)http://rosecomutts.seesaa.net/
斉藤あつし(Vo)

14時から21時までの7時間ぶち抜きでセッションやります♪
譜面・歌詞・貸し楽器あり。手ぶらで大丈夫です。

皆様のご参加お待ちしております。
よろしくお願いします
posted by 小松原沙織 at 08:15| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

誕生日

7月14日で25歳になりましたリボン
とある後輩は「これでこまっちゃんもアラサーだね!」とメールしてくれました(ぉぃ
昔の自分からみた25歳ってもっと大人でちゃんとしていたはずと思うんだけど…
と、毎年誕生日を迎える度に同じようなことを思ってしまいます。

この頃夏バテで体調が悪い私は昨日から引き続き、今日も家から一歩も出ず。
特に予定を入れてなかったからなんだけど。
誕生日だからといって欲しい物も特にないし、行きたい場所もないな…
(あ、でもこないだヤフオクで落札したアディダスのワンピースが今日届いた。)
やっぱ健康一番ですねー

元気がないときは楽しい動画を観る事にしています


来年海外旅行に行くつもりなのだけど、インドはいつか行きたいなー
私はインド行かなきゃだめな気がする。



posted by 小松原沙織 at 23:46| Comment(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

ミセスマルボ

昨日、友人のあさちゃんのライヴへ行って来た。
ミセスマルボというバンド。先月関西ツアーへ行っていたばかりで久々の東京公演。
2月は金沢とか甲府行ってて、アグレッシブな彼らです!!

で、新宿のMotion

20444_143681378_154large.jpg

20444_143681352_245large.jpg

20444_143681154_81large.jpg

私のデジカメ、1年くらい前に買ったのに未だ使いこなせてません。
前に使ってたボロボロのデジカメのほうがうまく撮れてたかも…
ライヴ写真って難しい。

マルボのライヴは昨年11月に初めて観たのだけど、かなりパワーアップしていて驚いた!
あさちゃんのヴォーカリストとしての立ち振る舞いや、ギターのミヤ君のパワフルなプレイにぐっときた。

私も頑張んないとね〜
最近夏バテなのか、食欲がまた落ちてしまいました。
普通の1食分を食べるのがしんどいです。
体重が中学生くらいのとき位に戻ったってすごくないか!?
疲れやすい体は困ります…サプリとかで栄養つけよかなぁ。
posted by 小松原沙織 at 18:01| Comment(2) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

ORGANIC OPEN MIC

ブログでは告知していなかったのですが、今週の月曜日、
池袋の鈴ん小屋でORGANIC OPEN MICというセッションの
ホストキーボーディストをやらせていただきました。

DSCF1968.jpg

もともと下北沢で3年間。毎週開催していた下北沢 OPEN MIC
昨年末にセッション会場であったトロカデロハウスの移転により、
赤坂OPEN MICORGANIC OPEN MICの二つのセッションが派生。
下北沢時代のホストたちを中心に動いています。
私はもとはというとお客さん側の立場だったのですが、今回は迎える側。
今週はゲリラ豪雨の影響でお客さん少なめだったのですが濃ゆいセッションでした。

次回もホストやらせていただきます!
なんと7月19日(祝日・海の日)は、特別企画やります!

題して

 るんるん音開きvol.1 〜ORGANIC OPEN MIC初企画〜 るんるん

TIME:14:00〜21:00 以降打上☆
鈴ん小屋の、有機野菜のおいしいお料理あり!
CHARGE:2,000yen
HOST:広原航(Ds) / 原 治武(Ds) / 草野嘉徳(Ba) / 石川怜(Gt) / 小松原沙織(Key) / 斉藤あつし(Vo)

祝日なので!
14時から21時までの7時間ぶち抜きでセッションやります♪
譜面・歌詞・貸し楽器あり。手ぶらで大丈夫です。

たくさんのアーティスト・ミュージシャン・プレイヤーの参加をお待ちしています☆

さて今日はこれからナレオの後輩達のライヴを観に行ってきます。
posted by 小松原沙織 at 16:59| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

七夕と海

昨日は七夕でしたね

通りにたくさん七夕飾りがあった、銀座。
銀座って小さな路地にもちゃんとした名前がつけられていて、外国の街みたいだよね

20444_74425464_148large.jpg 20444_74425466_28large.jpg

大塚の眼鏡屋さんの前
20444_74425479_23large.jpg

大塚のDinning Bar 海にて
20444_74425478_89large.jpg

眼鏡屋さんに「海っていう飲み屋さんにも七夕飾りありましたよ」って声をかけたら
「そうなんですか。海さんはお客さんなんですけど、まだ食べに行った事ないんですよね〜」と。
そうだ。海の女将さんも眼鏡を作ったって言ってた。
そしたら隣にいた知らない人が
「海のお好み焼きってめちゃめちゃおいしいですよね!」って。
そうなんです、お好み焼きだけでなく何を注文してもおいしい&安い 海ですが
こんなところで話題になるなんて!
お気に入りのお店の話をこんなところで出来るなんて、嬉しいですよね。

ところで、昨日は海に浴衣を着ていくとドリンク・フード全品半額!だったのです
私は浴衣着ていけなかったけど、女将さんやお客さんが浴衣着ていて
久々に着たいなぁなんて思ったり
posted by 小松原沙織 at 14:41| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

カフェ アンセーニュダングル

昨日、画家の知人が毎年2回個展を開いているギャラリーへ向かった。
知人は仕事で不在なのはわかっていたのだが、作品を拝見しに原宿へ。
もう何度も訪ねたギャラリーなので場所は記憶している。
しかし、いつもの通りを歩いてもあのギャラリーが見えて来ない。
用心しながら引き返すと、ギャラリーのシャッターが閉まっていた事に気づいた。
閉館時間より前なのに…そう思いつつシャッターに書かれた番号へ電話をかけたところ、
ギャラリーの人は急用で会場を出てしまったとのこと…そんなあ。
知人にその旨をメールすると驚いていた。

原宿に来て何もせず帰るのもなぁと思い
ギャラリーのある通り沿いに出ていた看板のカフェが気になったので、裏路地の店で珈琲を飲む事にした。
それが、結果的にとても心地よい時間を過ごせた。

カフェ・アンセーニュ・ダングル

20444_51592226_217large.jpg

20444_51648409_223large.jpg

20444_51648411_169large.jpg

20444_51648407_52large.jpg

竹下口から千駄ヶ谷方面に歩いて5分ほど。
原宿の喧騒からは想像出来ない閑静なエリアの半地下にひっそりと佇む、まさに隠れ家のような場所。
カフェっていうより喫茶店…っていうより珈琲店、と呼びたくなるような店だ。

苦めの珈琲なんだけど、飲みやすかった。おいしい。ネルドリップ。
一人でカウンターに座ったのでマスターに話し掛けてみたら、気さくにお話してくれた。
もう36年になる老舗だそう。
近年の喫茶店事情や、マスターも昔鍵盤を弾いていたそうで音楽の話などさせていただいた。
黒電話が元気に鳴っていたので「うちも黒電話が現役ですよ」とか話して。ポツポツと続く会話が嬉しい。

会話が弾むので思わずチーズケーキを注文。
この店でケーキのメニューはこのチーズケーキしかない。
この日は家を出る前にもチーズケーキを食べて来たのだけど(苦笑)
甘さ控え目で程よい酸味。空気を多く含んでいるからか、どっしりとした食べごたえ。
オーソドックスで直球勝負、といった感じ。
飽きのこない味だと思います。

本も持っていなかったから珈琲一杯飲んだらすぐ帰ろう、と思っていたけど結局1時間くらい長居してしまった。

また参ります。お気に入りのお店!

posted by 小松原沙織 at 00:14| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

Hermeto Pascoal e Grupo

体調悪かったり、暑かったりでこんなに遅くなってしまったけど今更だけどライヴレポートする!!
ブラジルの奇才…エルメート・パスコアルの来日公演に行って来た!

1524039001_128.jpg

エルメートって誰?ってひとはこちら
http://www5.plala.or.jp/ysk/pascoal.html
http://bit.ly/c1fvon
初めてのひとにはやっぱこの動画か…?


________________________________

2010/06/27 Hermeto Pascoal e Grupo @ 渋谷 PLEASURE PLEASURE
PLEASURE PLEASUREは新しいホールで全席指定、立ち見併せてキャパシティは350名ほど。初めて入った。
チケット早めに購入してすぐ振り込んだからか、1階の前から5列目の中央というかなり良い席だった。
2日目の1stステージでしたが立ち見もいっぱいで満席、2ndは当日券も売り切れ。
物販でDVDを買うつもりが、既に売り切れ。
1日目は他にTシャツとかグッズもあったらしいがすぐ完売したらしい。

ステージ上には観葉植物で埋め尽くされ、ほのかにお香の香りが…。
鳥のさえずりのSEが聞こえて会場はまるで森の中のよう。

まずはエルメート以外のミュージシャンが入れ替わり立ち代わり、ソロやアンサンブルで演奏した。
ようやく、帽子に長い白髪をなびかせたエルメートが登場すると、大きな拍手が会場に響き渡る。
エルメート、想像以上に小さい!小人のようだ。150cmくらいしかないのでは?
奥さんが多分180cmくらいありそうだから、かなりの身長差(そして年齢差)。
しかし彼の放つオーラは半端なかった!
そしてそして、エルメートが入ってメンバー全員での演奏が始まる。
もうね、とにかく凄かった。
張りつめた緊張感、放出されるエネルギー!
音楽ってやっぱり、理屈でなく自由なものなんだなと
作り手の立場でもある私は、奮い立たされた。
複雑で難解でもある彼の音楽だけれど、アドレナリン出まくり!!

エルメートも他のメンバーも皆がマルチミュージシャンで様々な楽器を演奏する。

Hermeto Pascoal(1936年生まれ74歳) シンセ(ヤマハのDX-7)、ピアニカ、角笛、ヤカン、アヒル人形、バスフルート、サンフォーナ(アコーディオン)
André Marques ピアノ(ヤマハのエレピ、冒頭ではフルートも)
Fabio Pascoal パーカッション (エルメートの息子でもある)
Itiberê Zwarg ベース
Marcio Bahia ドラムス
Vinícius Dorin サックス(アルト、ソプラノ、他)
Aline Morena (エルメートの嫁でもある1979年生まれ31歳)メインヴォーカル、ピアノ、10弦ギター、ボディパーカッション

パスコアル夫妻の愛にも感激。
とても仲が良さそうだった。仕舞には二人でチークダンスを始めるというパフォーマンスもw
確か彼女だけが暗譜していたようだった。やはり夫婦ならではのものがあったなー。
映像で観たときから(色んな意味で)ただものではないと思ってたけど、
あの奥さん、想像以上にすごいミュージシャンだった。。
約90分のステージ、あっという間だった。
アンコールのあとはスタンディングオベーションが起こった。

エルメートを観に友人や知人も結構来ていたようで、同じステージを観ていた知人にも会えました。
あと会場内では「どうもどうも」とか「来てたの〜?」みたいな光景をよく目撃した。
エルメート観に来てた人はみんな知り合い同士なのかというくらい笑
それと。もっと上の世代の客層かと思いきや、30歳前後の人が多くて驚いた。
思わずスタッフに「ここってエルメートの会場ですよね?」って最初聞いたくらいw
といっても私も20代前半だがな…
やっぱりYouTubeの普及で知る人が増えたのかなー

会場を出ようとしたら、なんと目の前にエゴラッピンのヴォーカル・よっちゃんが…!!!
私何度もライヴ行って一番前で観たりしてたのですぐわかった。
よっちゃんって周りの人に呼ばれていて確信。
エルメートのステージに立っても問題なく馴染めそうな
なんだか風呂上がりみたいなオーガニックなお洒落な格好だったのがかなり印象的だった…
鈴木慶一氏も来ていたそうです。

________________________________

さてライヴのあとは大学時代の親友・あやぱんとごはん
森ゆにさんが教えてくれてお気に入りな 渋谷のKURA
やっぱ友達ってよいもんですね〜
20444_30804538_172small.jpg

あやぱんがくれたピンクの薔薇 ありがとう!
20444_30804539_250small.jpg
posted by 小松原沙織 at 03:30| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする