2010年04月30日

Ame;Ribbon 初ワンマンライヴ終了!

48340363_2997718739.jpg

遅くなりましたが、27日はAme;Ribbon初となるワンマンライヴでした!
ご来場いただいたお客様 そして応援の言葉をかけてくださった皆様、ありがとうございました!!
PAや撮影でサポートしてくれた、mint julepの慧ちゃんも大感謝です。
おかげさまで満員御礼となりました。

48340363_3362771748.jpg

48340363_2083626466.jpg

まだまだオリジナルが多くはないので、持ち曲大放出!
BjorkやToddのカヴァーに新曲も交えてお届けしました。
時間があったのでMCも気が済むまで(?!)しゃべらせてもらいました。笑

私がもともとピアノ五重奏用に作った「沖縄から飛行機が飛ぶ」に歌をのせたものや、足音をつかった「Dramatic climber」。
いかがでしたでしょうか。
ご記入いただいたアンケートを拝見したところ、好感触だったので嬉しいです。

そして今回、大塚 All in FunのシェフのかたがAme;Ribbon特別メニューをご用意してくださいました!!

アボカドと明太子のファルファッレ;あめリボン風
リボンの形リボンをしたかわいいパスタ!
48340363_3468638515.jpg

写真がないけど、栃木(私の出身地)名物!いもフライ。
栃木ではおやつとして馴染みのある料理。こちらもおいしかった黒ハート

そして私は食べれなかったけど、
チーズケーキのAme;Ribbon Style
48340363_413101149-1.jpg

当日初めて拝見させていただいたのだけど、あまりのかわいさに感激!
水飴でリボンのアメをつくっていただいたのです。

48340363_451088080.jpg

「あめりぼん」というユニット名で良かった。笑

このワンマンライヴを機にしばらく充電期間に入り、またパワーアップして戻ってきます。
それまではしばらく、普通の女の子に戻ります手(パー)なんてな!
お楽しみに!

-SET LIST-
1st
七色
I go humble (Bjork)
手紙
Venus as a boy (Bjork)
同じ空

2nd
雨糸
Dramatic climber
I saw the light (Todd Rundgren)
金の帽子
沖縄から飛行機が飛ぶ(仮)
陽炎
our frequency

en...
ほんとは「パッチワーク」をやる予定でしたが「手紙」をお送りしました
ラベル:Ame;Ribbon All in Fun
posted by 小松原沙織 at 02:50| Comment(0) | Ame;Ribbon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

本日のライヴ、ご来場の方はご予約を!/RELET

4/27(tue) Ame;Ribbon 初ワンマンLIVE!!!! @ 大塚 All in Fun
open 18:00 / 1st 19:30〜 / 2nd 20:30〜

本日はAme;Ribbonの初!ワンマンライヴです。
まだまだオリジナル曲が多くはないので大放出します笑

おかげさまで、既にほぼ満席に近いご予約をいただいております!
まだ若干数はお席のご用意が出来るので、今からでもお越しいただけるという方は私までメッセージかメールもらえると助かります!

入れ替えはありませんので、お時間の許す限りどうぞゆっくりしていってくださいね!もちろん前半後半で演奏内容が異なります手(パー)

そして明日は会場のシェフがAme;Ribbonスペシャルメニューをご用意してくれます。是非お腹を空かせていらしてくださいレストランバー

また、演奏中は禁煙となりますのでご了承ください。
ご来場お待ちしております!

________________________________

さて今日はカナデオンの開発元・スリックの社長さんが食事に誘ってくださり、新宿でご飯をご馳走してもらいました。
スリックは松本にある会社ですが、今月は打ち合わせなどで何度も東京にいらしているそう。
社長、副社長と3人で昨年11月の楽器フェア振りの再会。
私はリハを控えていたので2時間ほどの短い間でしたが、色々とお話してきました。
お二人はとにかく新製品好き!色々なものを開発されているだけあって、お詳しい。
iPadを来月手に入れるんだとか。iPhoneもイチ早く購入されてましたw

社長がおもむろにこれを3つ取り出し、「どの色がいい?」と質問されました。
43900655_1102773952.jpg

電子マネービュアー「RELET

これ、なんとSuicaやPasmoの残高が1クリックでわかるというスグレモノ!
ご自分用と、副社長さん・私用にもプレゼントしてくれたのです。
専用のパスケースもついていて、定期入れを持ってなかった私にとっては更に嬉しかった。有難いです。
早速今日の最終リハで、相方に自慢してきました笑
ラベル:Ame;Ribbon RELET
posted by 小松原沙織 at 01:08| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

庄野真代 with Paradise Lunch ライヴ終了!

ついにやって来た4/22、恵比寿 アート・カフェ・フレンズにて
庄野真代さんとParadise Lunchのジョイントライヴが無事終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございます!

43900655_2787187850.jpg

43900655_4288820413.jpg


約1ヶ月半前から庄野さんのアルバムレコーディングに参加させていただき、
今月の上旬にその作業が終わって昨日のライヴまで、本当にあっという間でした。
アルバム収録曲のほとんどと、庄野さんのオリジナル曲を含めたっぷり演奏しましたが、
戦後歌謡のカバーが4ビートからファンク、フュージョン、レゲエ、そしてメタル(!!)まで、
幅広過ぎるジャンル・そして爆音(アートカフェフレンズはアコースティックのハコです)で大丈夫かぁ〜^o^;とちょっと心配でしたが、
満席の客席からは暖かい笑顔と拍手を頂戴いたしました。

庄野さんの歌が素晴らしいのは、テクニックや表現力はもちろんなんだけども、
お人柄が歌声にじんわりと表れているのが良いなぁ〜って、
レコーディングのときから感じていました。
いつも私たちの事を気遣ってくださって…一緒に音楽をやらせて頂いて、とても心地よかったです。
ライヴ中は演奏しつつも、歌に惚れ惚れしながら聴いていました。
またご一緒出来る機会があるといいな…!

ライヴ後の集合写真!
今回はメンバーのスケジュールや会場の都合によりこのメンバーでのライヴとなりました。
上:まどかさん(reeds)中央左:ヨーコ(dr)真ん中わたし、右:Hina(ba)、下左:千鶴ちゃん(gt)そして庄野さん

43900655_1516718353.jpg

SET LIST
M1.リンゴの唄
M2.ブンガワンソロ
M3.土曜日のファニー
M4.コーヒールンバ
M5.山寺の和尚さん

M1.Gun's & Roses / Paradise Lunch
M2.君恋し
M3.モンテカルロで乾杯(vo&ba)
M4.飛んでイスタンブール(vo>)
M5.Be yourself(vo&pf)
M6.ウナ・セラ・ディ・東京
M7.港が見える丘

En1.東京ベイブルース
En2.月がとっても青いから

番外編。
昨日会場に着くと、キーボードスタンドが置いてない事に気づく!
前日に譜面台の数を電話で問い合わせたのに、スタンドの事は忘れていました…
しかしスタインウェイのグランドピアノが置いてあったので、
その上にキーボードを置く事であっさり解決!
私は普段座って弾くのでちょっと慣れないけど、よかったよかった。

2010_0422AB.JPG

このピアノ、スタインウェイの割には軽いタッチでとても弾きやすかったです!
特にアコースティックの編成ではよく鳴ってました〜
ピアノの音色もキーボードで弾くつもりだったけど、結局生ピアノを弾いたら結果的にも良かった。
お値段が、書いてありました〜。。

43900655_1020586045.jpg
posted by 小松原沙織 at 15:16| Comment(0) | ソロ以外の音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

明日、庄野真代さんとのジョイントライヴです!

明日!日付が変わったので本日!
「飛んでイスタンブール」でお馴染みの歌手、庄野真代さんとParadise Lunchがジョイントライヴをやります手(チョキ)

改めて告知いたします。

4月22日(木)
● 庄野真代 with Paradise Lunch
恵比寿 アート・カフェ・フレンズ
Music Charge 3,500円 別途オーダー
18:00 open / 19:30 start


…日本を代表する歌手の一人「庄野真代」と、全員女性編成によるスーパーバンドによるスペシャルな春の一夜!昭和の名曲をいま!
〜庄野真代さんのバックで、Paradise Lunchがアレンジした昭和の名曲を演奏します!
   
ご来場お待ちしております!!
そうそう、先月から今月アタマまでレコーディングしたアルバムは来月下旬に発売との事です。

それと来週の火曜日、4/27(火)は大塚 All in FunにてAme;Ribbonの初ワンマンライヴ!
当日、All in Funのシェフの方がスペシャルメニューをご用意してくださいます!
お腹空かせて来てくださいね♪

今日は初夏の陽気、ということで暑かった〜
半袖でも心地よいくらいでした。たんぽぽ咲いてた

43900655_1576167455.jpg
posted by 小松原沙織 at 02:09| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

Erykah Badu @ 横浜ベイホール

更新が遅れてしまった…けども。
17日の土曜日、横浜ベイホールへネオソウルの女王と呼ばれるErykah Baduの来日ライヴを観に行って来た。

早稲田のナレオというサークルで黒人音楽を聴き漁っていた頃、エリカの『LIVE』というアルバムに出会った。

51ouTj9gCeL._SL500_AA300_.jpg

初めて聴くネオソウルの不思議なハーモニーとあの独特なグルーヴ、そしてエリカの歌声に私は魅了された。
とにかく生で聴いてみたい!と思っていたのがやっと叶ったのだ。

元町・中華街駅からベイホールまで歩くが、思ったよりかなり遠かった(徒歩20分以上?)ので「帰りはタクろう」と話しながら向かう。
やっとこさ開演時間ぎりぎりで会場に着くと既にたくさんの人が。
ベイホールは普段ライヴハウスではなくクラブとして営業している場所のようだ。独特の慣れない雰囲気。
客層は20代後半〜40代手前くらいで男女比半々くらい、外国人も多い。

やがて開演時間を少し過ぎると、英語と日本語のバイリンガルの黒人のおじさん(どうやら今回の公演主催・ポジティブプロダクションの社長?)がやってきてトーク。
「エリカ今やっと会場に着いたんだけど、きれいにしたいらしいからもうちょっと待ってネ!」
エリカはどうやら遅刻したらしい笑
それからDJタイムが始まり、しばらくの間DJのプレイで踊らされる。

開演時間から45分程経った頃、やっとミュージシャンがステージに出てくる。
イントロが始まり、今か今かと待つ千人の観客を前にやっとエリカの登場。
ボサノヴァ調の意外なイントロ(Michael Whiteの"The Blessing Song"らしい)をバックに現れたのは、
オーガニックで個性的な衣装に、黒いシルクハット。両腕には無機質で大振りのバングルをはめているエリカ。
圧倒的な存在感…カリスマと呼ばれる女王はそこに実在した。

バンドのタイト且つグルーヴィーな4リズム、
3人のバックコーラス、そしてSEの役割も果たしていたDJ。
ドラムがクリス・デイヴではなかったのがやや残念
(ツアーメンバーである事を期待していただけに)ではあった。
クエスト・ラヴでも、もちろんプージー・ベルでもない若手のドラマーだった。
クリス・デイヴだったら更に緊張感のあるドラムを聴けたのかな。
悪くなかったけど、個人的にYouTubeで観れる動画より感動出来なかった。
あとフルートが今回入ってなかったのも惜しかった。
そんな事が頭をよぎってしまったが、肝心のエリカはもう言う事なし、というか開いた口が塞がらないくらいのヴォーカルとライヴパフォーマンス。
アルバム『Live』で何度も聴いたあの歌、いやそれ以上のものを耳にした。

エリカといえば軽くhigh-G、ときにhigh-Cをも超越するハイトーンが何度も炸裂する訳だが、約2時間のライヴの中で声がかすれたりぶれたりする事が全くないのには驚いた。
ハイトーンと言ってもミニー・リパートンのような細いものではなく太い芯があるのが特徴。
あれだけ力強う超高音を続けて聴くと耳が痛くなるかと想像できるかも知れないが全くそんな事はない。
ディレイもちょうど良くアサインされていて気持ち良い。

表現力の幅広さ、歌声の力強さ、自由自在にレイドバックするリズム…
テクニックはもちろんのこと、こんなにも感情的に歌えるアーティストってなかなかいない。
全体のセットリストの中で特に「Ye Yo」が良かった。
情熱的に歌い上げるエリカに涙が出そうになった。

終始エリカはご機嫌で、ファンが差し出したファンレターを受け取ってMacに置いたままにしたり、ステージからタオル等を投げたり。
終盤では、客席から手渡された紙やキャンパスに丁寧にイラストを描いて返したりしていた。
しかも普通に歌いながら…!信じられない。
また、昨年生まれたばかりの三女(超絶かわいかった)を突然ステージに連れて来て「みんなにご挨拶」と話しかけるも、
その子は緊張してて何も言わずステージを後にしたのだけど、
その直後に演奏が始まってからステージ裏で泣き出したのがホールに聞こえて来て会場からは笑い声が。
なんだかとっても和やかな雰囲気に…笑
他にテルミン弾いたり、ドラムマシンを器用に叩いたりする場面も。

2時間のライヴはあっという間に終わってしまい、45分も遅れてスタートしたのと会場が駅から遠かったので帰りはタクって駅へ。
遅刻したエリカのおかげで終電を逃した人も少なくなかったようだ(笑)。
しかしあんなライヴ観せられたら文句も言えない^o^;

もみくちゃで、四方八方の人と体が密着しており翌日筋肉痛になったのもきつかったが、最高の時間だった。
次回来日も観に行こうと思う。

ラベル:Erykah Badu
posted by 小松原沙織 at 03:09| Comment(6) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

Ame;Ribbonライヴでした

Encore 渋谷にてライヴ、無事終了しました!
ご来場ありがとうございました。
5アーティスト出演のトリで遅い時間でしたが、
最後まで残って聴いてくださった方も多く嬉しかったです。
新曲『dramatic climber』も演奏しましたよ

アンコールって、楽屋に練習用のデジピが置いてあるのです

35631570_4037896189.jpg

たとえば・・・
ヴォーカルは鼻歌でウォーミングアップ。
ギター、ベースなどは指だけ動かしてウォーミングアップできるけど。
鍵盤楽器ってそういう訳にはいかない。

楽器が持ち込みのものでもスタンドを立たせないと弾けないし、
生ピアノなんて当然リハでしか弾けない
というか、鍵盤楽器ってそういうものなんですけど。
アンコールは本番前に指を慣らせるのが嬉しい♪

さて、明日もAme;Ribbonは曲作りに励みます。
27日の初ワンマン@大塚All in Funもお見逃しなく!!
更に新曲を持ってきます
ラベル:Ame;Ribbon
posted by 小松原沙織 at 01:14| Comment(0) | Ame;Ribbon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ライヴ&ラジオの告知です

今夜はお知らせがあるので、もう一件ブログ更新します!

まず明日!というか今日!
Ame;Ribbonのライヴです。

●4/14(wed) @ Encore 渋谷
18:30 open / 19:00 start
前売り1500円、当日2000円(別途ドリンク)
19:00~ JACK/19:40~ 高橋淳/20:20~ 永田大地/21:00~ The ASH/21:40~ Ame;Ribbon
我々はトリで、遅い時間の出演です。
是非遊びにいらしてください!新曲あり!!

また、私は出ませんがラジオのお知らせ。
22日にある、庄野真代さんとParadise Lunchのジョイントライヴがありますが
Paradise Lunchのリズム隊3人が庄野さんのラジオ番組にゲストで登場します。

●CS放送ミュージックバード
「アフタヌーン・パラダイス 水曜日“ミュージックコスメ”」(隔週水曜日15:00〜17:00生放送)
4/14 16:05〜16:30の間にParadise Lunch出演!!!
http://park16.wakwak.com/~mayo/jobs.html

私も出演したかったのだけど、ライヴのリハと時間がもろかぶりなので断念ToT

4月22日(木)に Paradise Lunchがアレンジ、演奏した昭和歌謡の名曲を庄野真代さんが歌うというLIVEのお知らせをもう一度!

●庄野真代 with Paradise Lunch
恵比寿 アート・カフェ・フレンズ
Music Charge 3,500円 別途オーダー
18:00 open / 19:30 start
…日本を代表する歌手の一人「庄野真代」と、全員女性編成によるスーパーバンドによるスペシャルな春の一夜!昭和の名曲をいま!
〜庄野真代さんのバックで、昭和の名曲を演奏します!   

こちらも、かなりおすすめです!
ご来場お待ちしております^^
posted by 小松原沙織 at 02:35| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

nobie especial @ 青山 プラッサオンゼ

今宵は。
ヴォーカリストnobieさんのライヴを観に、表参道にあるプラッサオンゼへ。

NOBIE ESPECIAL☆
伊藤志宏 (key)
吉田サトシ (g)
小泉P克人 (b)
小森耕造 (ds)
nobie (vo)

43900655_2540045290.jpg

43900655_2175789341.jpg

志宏さんは、私が高校生の頃からオレバンド”という庵原良司さんのリーダーバンドで何度も拝見していた凄腕の鍵盤奏者のかた。
もう10回近くライヴに足を運んでいるけど、毎回感動させられてしまう。
唯一無二の存在といえるピアニスト。

近頃はnobieさん、小森さん、志宏さんのトリオで大塚GRECO(我が家から歩いて15分!)でよくライヴをされていて、
そのトリオも昨年5月、今年1月にお邪魔した。
今回はuni-birthの4人と伊藤志宏さんのジョイントライヴ、といえば良いのかな。
uni-birthも最高にかっこいいので是非MySpaceで聴いてみてくださいね

さて、今夜のライヴはnobieさんのオリジナル曲中心のセットリスト。
何曲か前述のトリオでの演奏もあり。
志宏さんアレンジの「Human Nature」(M.Jackson)は1月振りに聴いたけど、洗練されたリハーモナイズとリズムがまじかっこいい!
ブラジリアンテイストの曲ではnobieさんのパーカッションとスキャット炸裂。
声量、表現力、リズム感、何をとっても素晴らしいヴォーカリストです。
nobieさんの歌を初めて聴いたのは昨年5月に三茶のグレープフルーツムーンであったライヴイベント。
あのときの衝撃は今でも忘れられない。

小森さんのドラムは、外山明さんのプレイとスタイルが少し似ているかも知れない。
感情的なドラム、といえば良いのか。なかなかいないドラマー。
Human Natureでコーラスを披露してくれる予定だったのが、ご本人が忘れてしまって聴けず(笑)
今度GRECOで聴かせてください・・・w

結局一人で伺ったライヴだったけど、隣に座っていた女性が声をかけてくださって色々お話しました
新しい出会いは嬉しいものです
posted by 小松原沙織 at 02:06| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

カナデオン

新世代オルゴール、“カナデオン”のウェブサイト内で、私がカナデオン奏者として紹介されています。

昨年11月にパシフィコ横浜であった楽器フェア2009でデモンストレーターの仕事をさせていただいたのですが
40463614_2774880027.jpg
40463614_2048325008s.jpg
(テレビ取材もあり、「はなまるマーケット」に私が演奏している映像が放映されました!)
今後も機会があればまた弾かせていただく事になりそうです。

カナデオンは簡単に説明すれば“弾けるオルゴール”
本来オルゴールは、1つで1曲、曲の長さも1回転する間の分しかありませんが、
キーボードからMIDIケーブルで飛ばして手弾きできて、
SDカードでMIDIデータを読み込んで曲を再生する事ができるという、ありそうでなかったオルゴール。
ですがこれを実現するには相当な技術が必要だそうで、
楽器フェアでは一般来場者の方だけでなく、他の楽器メーカー関係者からも注目を集め話題になっていました。

トレたまで紹介された動画をご覧ください。
これは私が弾いたものではなく旧デザインのものですが、中身は一緒です。


他の奏者の方のご紹介...

岩垂さんは2008年に東京フィルとの饗宴による「逆転裁判オーケストラコンサート」で編曲をされていて、その演奏でカナデオンを実際に使われたそうです。
最近では「あなた」という曲で御馴染みの小坂明子さんがコンサートで弾かれたとか。

万里ちゃんは音大受験のときのピアノの門下生同士として友達になった子です。
彼女は東京音大のピアノ科で、現在院生。
一見とてもかわいらしい女の子ですが、ものすごい情熱的なピアノを弾く子です。
ラベル:カナデオン
posted by 小松原沙織 at 03:21| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

DOWNTOWN FOLLIES Vol.7 −男らしく姦しく−

昨夜は、島健さんが音楽監督を務めていらっしゃる、
『ダウンタウン・フォーリーズ』を今年も観に青山円形劇場へ。
Ame;Ribbonの相方の奈緒と、シンガーソングライター・森ゆにさんと一緒に。

photo(DFT7).jpg

島さんは私が作編曲に興味を持ち始めた頃にかなり影響を受けた方で、高校生の頃からの大ファン。
昨年にソングライター・鍵盤奏者の河野ひさしさんから島さんを紹介していただいて以来、お話できる機会が何度がありました。
開演前に奈緒と島さんと3人でお茶をしながらお話。
少し前にAme;RibbonのCDをお送りしたのを聴いていただいていたのですが
かなり気に入っていただけたようで、色々と感想を伺いました。
日本を代表するピアニストの島さんですから、ピアノとヴォーカルのデュオのCDを送りつける(笑)のはかなりどきどきしました。
本当に嬉しかったです。

ちなみに、島さんと私たちは偶然にも同じ工芸高校の出身!
島さんは「高校の友達以外で工芸出身のひとには初めて会ったよ(笑)」と仰られていましたw
用事で遅れていらっしゃった森ゆにさんを島さんにご紹介し、あっという間に開演時間。

『ダウンタウン・フォーリーズ』はあらゆる音楽の要素とエンターテインメントを持ち合わせる、前代未聞のミュージカル。
ミュージカルナンバーはもちろんのこと、
スタンダード、R&B、クラシックまで幅広い楽曲のオンパレード。
ダンスはタップに始まりバレエ、ジャズまで何でもこなしてしまうキャストの方々には脱帽です。
お笑い要素を大きく取り入れたコンピレーション形式のストーリーは爆笑必須。
今年もたくさん笑かしてくれました。
特に島田歌穂さんは、様々なキャラクターをこなす姿に本当に驚かされます。
小柄な方ですが、ものすごいエネルギッシュで。お芝居ってすごいな

終演後に一緒に撮っていただいた写真
左から歌穂さん、ゆにさん、私(何故か中央…汗)、奈緒、島さん
DSCF0834.JPG
ラベル:島健
posted by 小松原沙織 at 23:58| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

洋楽寄席@東京交響楽団クラシック・スペース★100

今日は、「日本の音楽展」で私の『Ami』という曲を演奏してくれた、
荻沼美帆ちゃんが「洋楽寄席」というコンサートイベントに出演したので遊びに行って来ました。
これは日本の音楽展と同じシド音楽企画主催のコンサートで、
会場は新大久保にある東京交響楽団クラシック・スペース★100
東京交響楽団が合奏で使っているホールなんだそう。

落語家の方が司会に加え、インターバルでは落語も披露してくれるという面白い企画。
チケットとプログラムはこんな仕様!
35631570_4281747319.jpg

美帆ちゃんは作曲家・伊藤康英さんの「フルート・レストラン」というフルートとマリンバのデュオの曲を演奏。
吹奏楽で打楽器をやっていた私にとって伊藤さんは吹奏楽曲のイメージが強いのだけど、こういった室内楽曲は初めて聴いたかも。
とても心地よく、聴きやすい素敵な曲でした。

日本の音楽展主宰の熊谷弘先生や、『Ami』を演奏してくれた東京音大の後輩の田村拓也くんにも会えて嬉しかった。
美帆ちゃん、お疲れ様でした!
続きを読む
posted by 小松原沙織 at 22:46| Comment(2) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ORGANIC OPEN MIC

昨夜は、先日のブログでも触れた「下北沢 OPEN MIC」の新しいセッション
その名も「ORGANIC OPEN MIC」の第一回へ遊びに行って来た。
「赤坂 OPEN MIC」との姉妹セッション。
名前の由来は、オーガナイザーの勇気さんのお名前、そして会場の池袋・鈴ん小屋が有機野菜を使った料理をウリにしているから、など。
うまいネーミングです。鈴ん小屋は、こだわりの料理が本当においしい。
完全分煙で空気も良いし、裸足でフロアに入るので開放感に溢れている・・笑

昨日は庄野さんのアルバムの打ち込みを作ったり、体調があまり良くなかったりしたので終盤ぎりぎりで駆け込むように鈴ん小屋へ。
懐かしい顔ぶれに会えて嬉しかった。とても盛り上がっていた。
もうセッションも終わりに差し掛かっていたのとリスナーはノーチャージだったので、私は楽器弾かずに飲みに行って来たのです笑笑
打上げでは鈴ん小屋の料理を堪能。
今度はがっつり演奏しにゆきたい。

そして今日の昼間は池袋・サンシャインの展望台へ。
今年お花見は出来なかったけど、高い場所から桜を悠々と桜を眺めた。
しかし余りにも天気が良く眩しかったので、展望ラウンジでお茶している時間がほとんどだったのだけれども・・・^^;
あ、写真でも撮っておけばよかったなぁ
posted by 小松原沙織 at 02:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

LIVE!! 庄野真代 wit Paradise Lunch のお知らせ

突然ですが・・Paradise Lunchのお披露目ライヴが今月あります!

なんと・・・『飛んでイスタンブール』で知られる庄野真代さんとのジョイントライヴです!
実はここ1ヶ月のレコーディング作業、庄野さんのアルバム制作だったのです。
確認をとったらもうアナウンスして構わないとわかったのでお知らせ。
Paradise Lunchが演奏で参加していまカヴァー集です。
かなり面白いアルバムになる事間違いなし!
庄野さんの歌声、本当に素晴らしいです。
表現力の豊かさは、さすが大ベテランと思いました。
仕上がりが楽しみです。

で、ライヴではそれらの曲を主に演奏すると思われます
(まだ詳細未定なのです・・・)
この機会に是非お越しください^^

庄野真代 with Paradise Lunch
…日本を代表する歌手の一人「庄野真代」と、
全員女性編成のスーパーバンドによるスペシャルな春の一夜!
昭和の名曲をいま!
4月22日(木)
場所:恵比寿 アート・カフェ・フレンズ
時間:18時開場/19時半開演
ミュージックチャージ:3,500円(別途オーダー)
ご予約・お問い合わせ:03-6382-9050(アート・カフェ・フレンズ)
*JR恵比寿駅西口より徒歩3分

『飛んでイスタンブール』ご存知でしょうか?!
私はリアルタイムではないですが、小学生の頃によくサビを口ずさんでいました笑
posted by 小松原沙織 at 06:41| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

レコーディング終了!!

終わった〜!!!
レコーディングが!

今日はトランペットのダビングと、楽器のコンディションがちょっと悪くなっていて先日録音したのを保留にしていたカズーの録り直し。
さくっと録って、スタジオ滞在時間は2時間くらい。
これでオールアップ!お疲れさまでした!!
半年振りのレコーディングでしたが、今回は自分のアレンジが多かった分忙しくさせてもらってましたがとても勉強になりました。
レコーディングに関わった全ての方に感謝しています。
そして楽しかった!仕上がりが本当に楽しみです。
あとは打ち込みを作って私の作業は終わり。

3月の上旬からずっとせわしなく動いていて、あっという間に新年度を迎えました。
大学を卒業して丸1年、色々な事がありましたが
たくさんの出会いに恵まれている・・・って私はいつも言っている気がするけど、本当に心からそう思っています。
感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張っていきたいなと思います。
ブログの更新も・・・笑


今日の写真・・・右が初代カズー、左が今朝買ったカズー。

43900655_1798066533s.jpg

面白いカズーの動画があるんじゃないかと思ってYouTubeを徘徊してたら、見つけてしまった!



女性の表情がたまらないw
コントですね



確かに、Largest Kazoo Bandで間違いないでしょうw
これ、会場にいたら耳がおかしくなりそうだ・・・
posted by 小松原沙織 at 03:35| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

レコーディングを経てiPhoneが欲しくなったの巻

今日もレコーディングでした!
アルト、テナー、ソプラノサックスにフルートなど盛りだくさん。
午前中から録音して夕方には無事終わりました。
期待以上に良いものが録れて、演奏者のかたとエンジニアさんに本当に感謝しています。

明日も早い時間からレコーディングの予定。
これで一連の録音作業が終わり、更にダビングする打ち込みを作ったりします。

さて、今日はフルートを吹いてくれた まどかさんとのやり取りでiPhoneの便利さにかなり感動しました。
43900655_165294455.jpg
メールに添付した譜面も拡大して読めるわ、音源も聴けるわで
「こまっちゃんこそiPhone持ってた方がいいんじゃないの?!」なんて言われちゃいました笑
7月にauの1年契約の切れ目なので、6月あたりにiPhone買ってしまおうか・・
(最初は誤作動があるから2台持っていた方が良いとのこと)

あ、そういえば。
とくダネ!の中の「得もり」というコーナーで、
今週からParadise Lunchの「Guns & Roses」がテーマ曲になっていて、
短いですが毎日流れています!
チェックしてみてくださいね^^
posted by 小松原沙織 at 00:19| Comment(2) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする