2009年12月26日

先週できた、ブラのホックを外すのがうまい彼と、歴代彼氏達。

ずっと前から欲しいなー、そろそろ買いたいなーと思っていたnordをついに先週買ってしまった!
26936125_3543457686s.jpg 26936125_1442005228s.jpg

最近、キーボーディストでnord持ってる率が余りにも高すぎで正直迷ったが、
・持ち運びが楽(キャリー使わずに済む)
・音の良さ(特にエレピ、オルガン)
・本番での使いやすさ
を考えるとnordだった。

当初nord electroを買うつもりでいたのだけど、
・スピリット、レイヤーができない
・ベンダーがない
・液晶パネルが小さい
等の理由から、electroより値段が張るが、stageを買った。
(しかし、なぜあんなに値段が違うんだ・・)

1週間使ってみての感想
・やっぱり音がよい!弾いてて非常に気持ちよい
・アコピの音は昔の機種と比べてだいぶ良くはなったと思われるが、満足ではないかな
・タッチはまだ慣れないけど弾き倒す!

そんでやっぱり、専用のセミハードケース(別売)があるのがよい。
背負うと予想以上に重くてびっくりしたが、nordの前にメインで使ってたKORGのTRIRONの半分の10kg。
さすがにセッティングするときとか楽だわ。
でも5分以上移動しただけでなかなか疲れる。
で・・・なぜかこのケースに入れてnordを担いで移動してると、
8割くらいの確率でブラジャーのホック(2つ付いてるタイプでも)が外れていて困るわ

何この羞恥プレイ。

更に、バンド練で熱が入って思い切り打鍵したとき
突然、たまに勝手にエフェクトスイッチがONになってフェイザーがかかるのだ。
初期不良かな、もしくは設定変えてしまったのか?とか思いつつ1週間経ち、
取説読んでもわからんし一向になおらないので、モリダイラに電話したところズバリ故障だったので、交換してもらう事に。
明後日には届くようで良かった。大晦日にライヴがあるので・・

さて、ついでに今もお付き合い中の歴代彼氏たち(はぁと)をご紹介。

元彼:KORG TRITON extreme 76key
大学4年間の大事な相棒でした。これ1台で打ち込みしまくり!!
コルグの真空管搭載ワークシンセ。
キャリー併せて20kgあるが電車で運んでた(満員電車はさすがに乗った事ない)
ちなみにアニメ「けいおん」のキーボの子もこれを使っている・・・
37310251_1341853178.jpg

元々彼:Roland FP-5(デジピ)
デジピはタッチ・出音含めてローランドが良いと思う。
という事を、元ローランド関係者の方に話してみたら、納得出来る答えをいただいてなるほど!!と頷いた。
これは本体にスピーカーが付いてるのでアンプなくても音が出る。
なかなか使える。蔵でデュオの練習するときつかってます
26936125_291896761.jpg

初彼:YAMAHA SHS-10 (87年製・・)
私が買った訳ではない、うちに昔からあったショルキー
ケースがないんで風呂敷で包んでスポーツバッグに入れて運んでます・・・
超絶にショボい音しか出ない、単三電池でも可動する軽量楽器。
おもちゃっぽくていいのよ、笑
下北沢open micの鍵盤ホストの篠さんも全く同じ楽器を持ってるので、
こないだツインショルキーでセッションしたんだけどかなり楽しかった笑
26936125_1991728571s.jpg 26936125_188377422s.jpg
あ、番外編:YAMAHAのアップライト 型番わからない・・・

ほかの鍵盤弾きの皆様の使用楽器も気になるところです。
つうか、ノード使いの女子にお尋ねしたい!
あれ背負ってるとブラのホック外れるよね?!
え、私が貧乳だからですか?そういう事ですか??


[mixi日記より転載]
posted by 小松原沙織 at 20:45| Comment(4) | 楽器/機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ZAZEN BOYS @ 赤坂BLITZ

ずっと楽しみにしていたZAZENを観に早稲田のサークルの後輩と赤坂へ。
私が向井秀徳と出会ったのは高1の頃だった。
音楽部の部員が皆揃いに揃ってNUMBER GIRLが好きで、私も影響を受けた。
私は当時ドラムをやっていて、ナンバーガールをコピーした事もあった・・・笑
ちなみに曲は「MANGA SICK」。今はあんな速いテンポ叩けん。
更に言うとそのときのヴォーカルがAme;Ribbonの相方だったから笑える。
(しかもその前は私ドラム・相方ベースでブルーハーツのコピーやってたんだぜ)
もう全く叩いてないけど、改めて考えると小5〜大3にかけて通算12年くらいドラムやってた事になる・・小学生の頃からドラマガ愛読していた。

話が脱線したが、向井秀徳のオリジナルのセンスって本当に面白い。
“オレ押さえ”の絶妙でギリギリ感溢れる、メジャーでもマイナーでもパワーコードでもない独特のハーモニー、
疾走感を自在にコントロールする変拍子の入れ方、耳に焼き付くようなリフ。
そしてあの、今まで誰も歌った事のないような歌詞が音と融合してなんとも言えん彼の世界が構築されるのだ

2年ほど前まで、向井がbounceのウェブマガジンに連載していたけど、
やっぱり色々音楽聴きまくっているのがわかる
↑このポッドキャスト面白いんでおすすめ〜
個人的にOjos de BrujoとKonono no.1の回がツボ。
(ああ、オホスは一体いつ再来日してくれるんだろう。コノノはヒルズ野外ステージで観た)

ブリッツについてTシャツが2500円とわかり即購入。安い!
せっかくなのでトイレで着替えてみる。
ザゼンはツアーTシャツが色々出てるから、いろんなザゼンTシャツ着てる人がたくさんいた。
金井はサイケな前のツアーのTシャツを着用。
バンドTシャツ、今まで買わない派だったんだけど最近好きになった。

なんかここまでが既に長文なので端折って書くが、、楽しかった!
向井がキーボードをたくさん弾くようになったのと
(しかしかなり上手い、リズムがいい。テクニック面でというよりも、非常に音楽的な鍵盤を弾くと思った)
シャウトが控えめになった印象が見受けられ、
私が大好きで聴き続けている2005年のライヴ録音(向井秀徳.comで無料配信されてたやつ)に慣れてしまっているからかなんだか物足りない感は否めなかった。
(やや後ろの方で観ていたからか、お客さん思ってたより静かだなーと思ったり。)
だがライヴの緩急のつけかた、緊張感の演出、笑いの要素を含むパフォーマンスなど、観ていて斬新な事がたくさんあってかなり刺激を受けた。
あれだけバンドの世界観に引きずり込むのって相当すごい事だと思う。でやっぱ、スタンディングで会場の一体感を味わえるあの感じってサイコーですね。
オールスタンディングのライヴに行くのが一昨年のSoulive(渋谷クアトロ)以来な気がする・・・

あと、客層男女比は8:2くらい。
で、女性客でかわいい子がえらい多い事に、金井と共に驚いた。
私の隣の隣にいた同年代くらいの女の子が、ライヴ中も気になってチラ見してしまうほど(真剣)、
男に生まれ変わったらあの子と付き合いたいくらいかわいかった。


某所から拝借したセットリスト

MATSURI SESSION
RIFF MAN
HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
HONNOJI
WEEK END
NABE & SADA
DARUMA
This Charming Man(カバー・THE SMITHS)
SI・GE・KI
WHISKY & UNUBORE
TANUKI
MABOROSHI IN MY BLOOD
IKASAMA LOVE
This Charming Man(カバー・THE SMITHS)
SEKARASIKA
COLD BEAT
Friday Night
I don't wanna be with you
SABAKU
ASOBI

This Charming Man(カバー・THE SMITHS)
口 安眠棒(4人全員でステージフロントに集まって、口パクで演奏w)



「You make me feel so bad」と「Kimochi」がなかったのは残念だった。


[mixi日記より転載]
posted by 小松原沙織 at 02:58| Comment(0) | 鑑賞記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする