2008年06月30日

マロニーちゃん

いわゆる"厳格な父親像"によくあてはまる私の父親
(でもここ1年でかなり丸くなったと思う)
家業を継ぐ前コックを目指していた父は、家にいるときはほぼ毎日夕飯をつくってくれるのだが
マロニー麺製品の事を、絶対に呼び捨てせずに『マロニーちゃん』と呼ぶのがくすぐったくておかしい。

昨日の夜中、父お手製マロニーちゃんサラダを食べたとき
その由来が気になったので調べてみた

http://www.malony.co.jp/about/yurai.htm
ふ、深過ぎる。いい話だや。
私が生まれてすぐ死んだ祖父も戦争中シベリア行ってたらしい。
まぁ後付けっぽい感じもするけど、食料品の意外な由来はなかなか興味深い。
そういえばハッピーターンは発売当時、景気が戻るように名付けられたんだよなぁ。

[mixi日記より転載] 
posted by 小松原沙織 at 00:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする